読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソトカリナカフワ生活

パクチーとミントを足して上から花椒をドバーッとトッピングしたようなブログ

タイのことをしらべたあれこれ

スタートアップ ビジネス 海外進出 海外移住 海外起業 タイ

▼税率

シンガポール 17% スタートアップはさらに優遇

マレーシア 25% 

ベトナム 20-22% ITは10%

カンボジア 20%

タイ 20% 期間限定? 30%とも言われている

フィリピン 30%

インドネシア 25%

▼消費税(VAT)

タイ 7%

▼個人所得税

ベトナム 35%

タイ 35%

シンガポール 20%

マレーシア 26%

フィリピン 32%

ミャンマー 35% ただし税務署がないので金持ち以外は徴収されてない模様

▼タイ事情

平均月収 45000円 毎年 5%ちょっと成長 (2014年データ)

ベトナム 2万円くらい?

エンジニア平均月収 15万〜25万 (英語可toeic600点程度、日本語可はもっと高いはず)

マネージャー 30万〜50万くらい?  

知り合ったベトナムに会社のある日系企業の人は現地マネージャー?バイプレあたりに45万くらい出して辞めないようにしてた。  

不可は10万以下くらいだったはず。

エンジニアの数 他国より少なめ、給与高め。

ベトナムはエンジニアが多いので現在はこちらにオフショアは流れている。

 

▼タイで登記する際の注意事項

外国人所有株限界 49%。ということはタイ人がいないとダメということになる。

BOI(国の税制優遇)はITは不可

働くには結婚して国籍を持っていない限り、B-visa(日本で取得) work permit(タイで取得)の2つの取得が必要

外人ビザ1人あたり資本金600万が条件。

さらに外人1人につき4人の雇用をしないといけない。

日本人給与最低16万くらい。

日系企業数 4600程度、ITは150社 2014年、2013年は3700社くらい

http://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/fe4bde99ff9eb75e/20150044.pdf

参考迄に  

シンガは現地民役員1人、秘書役1名、就労visa(EPビザ)は最低でも40万程度の月収がないとだめ。  

株主は誰でもOK。というわけでシンガのほうが基準が楽だったり。  ただし、地域統括会社として機能させるなら今はタイのほうが税制優遇されているらしい。(詳細は不明)

 

各国平均年収

http://masahiro02.com/archives/167