読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソトカリナカフワ生活

パクチーとミントを足して上から花椒をドバーッとトッピングしたようなブログ

電子定款で定款認証してきたのでまとめ

電子定款の定款認証のために公証役場にいってきた。

※会社設立の御手伝いで僕は代表じゃないですよ。

 

電子定款の認証に役場も慣れてないっぽくてあたふたしてたのが面白かったな。世の中って電子定款やってないんだなーと思うとなんかみんな損してるよね。

 

電子定款と紙の定款でどう違うの?というと「印紙代4万が浮く」ということに他ならない。ちなみに電子定款の処理を自分でするのはしんどいでの代行会社に5千円くらいで頼めばすぐ終わる。3万5千円は浮くんだよねー、これ起業時の資金からしたら結構大事。ロゴに名刺にサーバー、ドメイン、印鑑くらいまではこの金額でまかなえるからね。

 

www.hitodeki.com

で、私はここを利用した。5千円で担当行政書士がついてやってくれる。

自分も電子定款初めてだったのだけど、定款自体は経験済みなので割と早く出来た。

 

1人で起業しない場合は発起人(株主)が存在するので、その人たちの印鑑をもらったりするのがめんどくさい。1人でやる場合は自分の印鑑だけでいいからスゴい楽。

定款は法人登記前にやっておく「aboutうちの会社」みたいな約束事の記載でこれがないとまず登記できないのでよろしく。あとはここをみてみて。

www.units-110.com

inqup.com

というわけでフローを書いておく。電子定款以外は自力作業が良い。

1.まず定款を作る。

定款はもうサンプルがやまほどあるので該当するものをもらって内容をこちょこちょ自分で書き換えればOK。

inqup.com

 

2. 定款を書き換えたら皆でチェック

 

問題なければ登記したい場所の公証役場に電話してメールでこの定款をみてもらう。

行政書士を使って確認もできるけど金をとられるので公証役場の公証人にみてもらえばOK、無料だ。ちなみに自分の会社名が同じ業態で市区町村であると弾かれるケースがあるので一応チェックしておくこと。不安なら法務局に問い合わせする。すぐ見てくれる。

問題なければこの段階で印鑑発注。すぐに届けてもらうこと。予算は1万以内。

 

3.みんなの印鑑証明を集める。

登記と定款で各人1部ずつ必要なので計2枚集めておく。

 

4. 定款をひとりでできるもんのサイトにぶんなげる。

f:id:matyo-123:20150420131849p:plain

こんなページがあるんでチェック。印鑑証明と提出書類をスキャンして一緒にぶんなげる。

電子定款を行政書士が作成したあと、公証役場の予約をしてくれるのでその連絡を待つ。

 

5. 公証役場の定款認証が決まったら定款を製本。みんなの印鑑を集める。

このサイトから定款OKがでたら定款をダウンロード、行政書士への委任状も一緒にくるので印刷して一緒に製本。押印の仕方は説明があるので確認。

 

6. 公証役場に印鑑証明(ホンモノ)を各人1部ずつ、自分の免許証、ハンコ、製本した定款、CD-R1枚(千代田区はタダでくれた)、定款認証代金51,980円を持っていく。

 

この時に行政書士から公証役場へ行く代理の人間(今回は僕)への委任状が役場に届いてないと待たされるので、あらかじめ役場か行政書士に委任状をメールで送ったか確認しよう。

 

7. 定款認証完了

認証完了後に謄本を2部もらうようにしよう(法務局提出、会社保存で1ぶつずつ)

となる。

簡単にまとめると

 

定款ひな形落とす、書き換える。みんなでチェック。

法務局に同じ会社ないか確認、公証役場に定款の確認を依頼

会社印鑑注文(どっかでてきとーに)

印鑑証明あつめる

ひとりでできるもんに登録して電子定款のみを依頼。

必要書類と決済を行う。(サイトで説明してくれるから問題なし)

行政書士から連絡きたら定款をDL、委任状と合わせて製本。みんなの印鑑をもらう

公証役場にいって電子定款をしてもらい終了

 

ここまでで多分1週間くらいでできる。

行政書士に依頼すると+1〜2万とられるので自力でやるように。

あくまで彼等には電子定款だけしてもらえばOK。

 

まぎらわしいのは委任状。

・僕らが行政書士に定款の作成を代行させる委任状

行政書士公証役場にいかないので代わりに行かせる人(今回は僕)への委任状

の2つが必要で前者は印刷、後者は行政書士が役場に連絡するので確認しておくようにしよう。

 

これで印紙代3万5千+行政書士代行料金1〜2万が浮く。

 

この次は法人登記になるのでそれはまた別の記事でかこっと。

 

代行でやってもらうのもありだけど、個人的には自力でさくっとできるし、自力でやったほうが愛着がわくのでオススメです。